御挨拶
“You Can Do It !!” 子供たちに確かな力と自信を
校 長 宇賀神 佳子
 平成28年4月1日、中野区立白桜小学校長として着任いたしました宇賀神佳子と申します。歴史と伝統のある地域が育んできた学校に着任できたことを、大変光栄に思っています。皆様の期待に応えられるような学校づくり、子供たちの育成に邁進してまいります。どうぞよろしくお願い申し上げます。
 満開の桜に誘われて校内を歩いてみると、子供たちが元気に声をかけてくれました。素直さと優しさにあふれたくさんの笑顔に、思わず引き込まれてしまいました。また、地域に出てみると、寺町の風情と人々の温かさが伝わってきて、東京下町に育った私には、故郷に帰ってきたような懐かしさを感じました。
 子供たちが社会の一員となるために、確かな力を付けていきたい、それが私の願いであり、教育活動として展開することが学校の責任と認識しています。このためには、ご家庭や地域の皆様と学校とが共通の志の下に認識を揃え、子供たちに関わっていきたいと考えています。
 日本の子供たちは、世界の子供たちに比べて自己肯定感が低いと言われています。自分をありのままに受け止めることや、自信をもって自ら前に出ていくことが課題であるともされています。
 そうした中で、大人が子どもに教えるべきことは確実に教え、「どのような人でありたいのか」を子どもにしっかりと問い考えさせること、そうした教育活動を通して、子供たちに確かな自信を付けていきたいと考えます。
 そこで私は、子供たちに付けたい力を3つの言葉にまとめました。
1「自律」
・自分の目標や夢に向かい、自ら学び、自分の考えに基づき、一歩前へ踏み出す。
(自律的活動力)
2「協働」
・自分から他者の立場や考え、心情を理解し、互いに活かし合う。(人間関係調整力)
3「参画」
・集団の中で、自分の役割を自覚し、集団をよりよい方向へ伸ばす。(社会参画力) 
 子供は、「社会の中で自分の力を伸ばしながら生きる力」を内在しています。学校は地域とともにあり、子供たちに社会的な集団の中でよさを発揮させ、社会を支える力となるように育てていくことを役割としています。特に家庭と地域とを結びながら、子供たちに集団や社会での行動様式や規範意識、他者のために力を尽くすことの喜びなど、社会性を育成することは、本当に重要な課題であると認識しています。私たちのこうした取組みの先に、白桜小学校が保護者の皆様・地域の皆様に信頼され、心を寄せていただける学校になると確信しています。
 最後になりましたが、日頃から学校を見守り、支えてくださる多くの皆様に感謝を申し上げます。特に、きめ細かくお声をかけてくださり、温かく励ましてくださったりしていることが、何よりもありがたいことと実感しています。
 今年度は、11月4日(金)に平成27・28年度中野区学校教育向上事業として“ Let’s enjoy English”〜英語・外国語活動の充実〜を研究主題に、発表会を行います。これまで教員が子供たちに確かな力を付けていきたいと願い取組んできた授業研究の一端を中野区内外に公開いたします。
 白桜小の教員集団のチーム力=「チーム白桜」には、活力があります。伸び盛りの教員の指導力をさらに向上させながら、保護者の皆様・地域の皆様との絆を強くして、より高い成果につなげたいと願っています。
 どうぞよろしくお願い申し上げます。

平成28年4月6日